派遣社員ってなんぞや

いつから派遣社員が増えてきたんでしょうか。
最初は、主婦のパートみたいなものなのかと思っておりましたが、
現在では、20代の若者からけっこういらっしゃいますよね。
企業では、単純作業を派遣社員にさせているパターンが多いらしいですが、
昔は、そのゼロからスタートで仕事を覚えていくのが常でございました。
どのような単純作業でもすべてこなし仕事の意味を理解しているからこそ
上にたって部下の指導ができるというものでございます。
ところが、今や、建物を作ることも、
下請け、孫請けになり、まして、その孫請けで働いている方たちは、
ほとんど派遣社員だったりすると、
仕事を覚えても首を切られたらおしまいですし、
責任感もございませんか、
当然ミスも出ますし、見えないところで、いい加減に仕事をしていることも
多々あるでしょう。
ですから、検査のごまかしなどが生じて
結局マンションが傾いてしまったなど
高額な補償に頭を抱えてしまっている業者もおりますよね。

この制度は、ホントに、国が悪い、
経団連が悪いとしかいいようがございません。
人を育てる、技術の継承が大切だということを
完全に見落としております。
ホントにこの先、日本の将来はどうなるんだろうと
亀吉は心配で夜も眠られません。
(いや、亀はいつでも寝ているぞ と 突っ込まれそうですが)

派遣社員のままだと
ボーナスももらえませんから、
年収も正社員よりは断然低いです。
まして、この低金利時代は、
銀行に預けていては全く増えていきません。
なので、投資というものに人が集まっていると聞いています。
最近ではビットコインというものらしいです。
仮想通貨というものらしいですが
もう私には、ついていけない世界ではございますが。
このビットコイン投資に騙されて、泣いていらっしゃる方も
先日テレビに出ておりましたね。
一攫千金を狙うと、しっぺ返しをくらうとよく言われておりましたが。
投資でしたら、
まだ、投資信託の方がおよろしいかと思われますが。
積み立て投資信託というものもあるらしいですし。
こつこつ貯めるとしたら、こちらでしょうか。
でも、どのファンドを選ぶかによって増え方も違ってきますから、
やはり、投資をする前に、新聞をしっかり読むとか
経済の知識は必要ですよね。
お金は大事に扱うのがおよろしいかと亀は考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする